BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 運動・トレーニング
  4. ベンチプレスのコツ

ベンチプレスのコツ

豊田市にあるダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレー二ングジムCALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)です。

本日もよろしくお願い致します。

ベンチプレスのコツ

本日は豊田市のパーソナルトレーニングジムが「ベンチプレスのコツ」について説明したいと思います。

当店の会員様の中で自宅にベンチプレスができる設備がありご自分でもトレーニングされている非常に意識の高い会員様がいます。

よくジムで見られる代表的なバーベルエクササイズである「ベンチプレス」ですが、専門の競技になっているほど奥が深くそのテクニックは多岐に渡ります。

本日はその中からなるべく初級者向けにテクニックをご紹介しようと思います。

1.肩甲骨を寄せる

初級者のベンチプレスでは肩甲骨を寄せていただくことが必須です。

理由としては「肩のインナーマッスル」の怪我防止です、ベンチブレスで胸までしっかり着くまで下ろすと胸の筋肉がストレッチされ筋肉にストレスがかかりますが、それと同時に胸の筋肉の付着部である肩、その筋肉も引き伸ばされます。

ベンチプレスで肩を痛める方は多いですが、その大半はこの引き伸ばされた時に肩のインナーマッスルが損傷してしまうことがほとんどの原因だと考えられます。

ここで肩甲骨を寄せることによって肩の位置を胸より下に押し下げることによって、引き伸ばされる範囲を小さくすることができます。

これは初級者、中級者であるならば必ず意識しましょう。

2.強く握りしめる

ベンチプレスの話になるとよく話題になるのは手首を立てるか寝せるかだと思いますが初級者、中級者で競技としてのベンチプレスを希望していない方であるならば手首はどちらでも良いと思います。

ただ強く握る(バーベルを半分に折るように)事のみを意識したほうがいいと思います。

バーベルを強く握れば、それだけ筋力が強く発揮でき、且つ手首に適度な緊張がある事で手首の怪我防止になります。

ベンチプレスの上級者はほぼ握らず、手首の付け根で乗せるようにバーベルを構えますが初級者がそれを真似すると載せる位置が間違った所に乗せてしまい、逆に手首を痛めると思います。

初級者はバーベルを中央から折るように強く握るといいと思います。

 

ベンチプレスについてまとめてみた

今回ここに書いたことは運動の初心者にベンチプレスを教えるならの話です、本当に超高重量を上げようとしている方には当てはまらない話ですので悪しからず。

本日は祖父江がベンチプレスのコツについてご紹介させていただきました。

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)がお送りしました。

最後までご覧いただき有難うございました、これからも頑張ってブログ更新続けます。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!


 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
豊田市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事