BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 運動・トレーニング
  4. 初心者必見!ダンベルプレスで大事なポイント二つ

初心者必見!ダンベルプレスで大事なポイント二つ

皆さん、おはようございます。

本日も暑い中ですが、それぞれの目標に向かって頑張っていきましょう!

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)です。

初心者必見!ダンベルプレスで大事なポイント二つ

本日は久しぶりにトレーニングのことについてお話しします。

本日ご紹介するのは「ダンベルプレス」です、ベンチプレスでは負荷が高すぎるお女性のお客様やベンチプレスの後に胸をさらに追い込みたいお客様に行って貰っている種目です。

ですが、全くの独学で行ってしまうとかなり難易度の高い種目です…

そこで!本日は知立から通えるパーソナルトレーニングジムがこの「ダンベルプレス」で大事なポイントについてご紹介しようと思います。

最低限のことを二点のみご紹介いたしますので、本日からでも是非取り組んでみて下さい

それでは参りましょう!

「ダンベルプレス」の特徴

ダンベルプレスの一番大きな特徴として左右の重量物が独立している為にバランスを取る必要があるという事です、これが独学の方が行うときに難易度が高くなる要因です。

実際当店に来ているお客様にこの「ダンベルプレス」を行ってもらうと多くの方が「ふらふらする」との感想を頂きます、その「ふらふら」が体を鍛える一つの刺激ですのでとてもいいことだと思います。

ですが怪我をせず、最大限の効果を発揮するためにこの「ふらふら」に負けないようにするための身体の使い方が重要となって来ます。

それではこの特徴を踏まえた上でダンベルプレスに重要なポイントをご紹介していきます。

肩甲骨を寄せる

まずは必ず「肩甲骨を寄せる」意識を持つことです。

この動作を行ってもらう主な理由はケガの防止です、肩甲骨を寄せて肩をしっかりとベンチ台に押し付けることで肩の怪我を防ぎます。

また肩甲骨を寄せることで身体の土台が安定してダンベルをコントロールしやすくなります。

前腕を床と垂直に動作する

次は「前腕を床と垂直に動作する」事です。

ダンベルの重心は必ず真下の方向にかかります、そこでダンベルを保持する前腕が床に対して垂直でないとダンベルの保持に余分な体力を使ってしまいます。

 

ダンベルプレスで大事なポイントについてまとめてみた

いかがでしたでしょうか?

以上二点をしっかり意識して行えば、ある程度は怪我も少なく効果的にダンベルプレスが行えるはずです。

本日はダンベルプレスの重要なポイントについてご紹介させていただきました。

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)がお送りしました。

最後までご覧いただき有難うございました。ブログ更新続けます。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!


 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
豊田市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事