BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 運動・トレーニング
  4. ベンチプレスが上達するポイント

ベンチプレスが上達するポイント

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)です。

ベンチプレスが上達するポイント

つい先日の話ですが、当店の会員様でベンチプレスが80kgを挙げられた会員様がいらっしゃいました、その方はボディメイク目的でご入会いただいたのですが、シルエットもみるみる大きくなりベンチプレスも始めの頃より数値がどんどん上がっていきました。

ご本人の努力の賜物だと思います、おめでとうございます。

せっかくですのでこのブログを普段ご愛読いただいてる皆さんにも是非ベンチプレスが上達して頂きたく、本日は知立から通えるパーソナルトレーニングジムがベンチプレスが上達するポイントについてご紹介したいと思います。

1:肩甲骨を寄せる

まずはフォームの面からですが、ベンチプレスでは肩甲骨をしっかり寄せましょう。

肩甲骨をしっかり寄せないと肩の位置が高くなり、肩に余計なストレッチがかかります。

重量を上げる為というより怪我の防止のためにしっかりここは意識しましょう

2:頭、背中、お尻、足の裏をしっかりベンチ台もしくは床につける

これもよくみられますがベンチプレスは動作一帯を通して常に身体に重量が乗っています。

ですのでその体感する重量を分散させるために、ベンチ台に背中、お尻を着け、地面を足の裏でしっかり踏ん張りましょう

それだけで最初の体感重量が違うはずです。

特に後頭部が浮いている方を良く見受けられますが、後頭部もベンチ台に付けた方が体感重量は軽くなります。

人間の体は千差万別なのでトレーニングのフォームも相性がありますが、まずは試してみてそれから取捨選択していくのが良いでしょう。・

3:下半身もしっかり鍛える

ベンチプレスは上半身の運動と思われがちですが、相当に全身を使います。特に下半身の筋力は重要です。

下半身の筋力が足りないと、先述した足の裏で地面を踏ん張る力も弱くなってしまいベンチプレスの挙上重量も下がります。

この下半身からの力を「レッグドライブ」と呼んだりもします。

このレッグドライブを強くすることでベンチプレスの重量は飛躍的に上がります。

ベンチプレスが上達するポイント

いかがでしたでしょうか?

本日は祖父江がベンチプレスが上達するポイントについてご紹介させていただきました。

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)がお送りしました。

最後までご覧いただき有難うございました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!


 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
豊田市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事