BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 運動・トレーニング
  4. 姿勢美人になろう!姿勢に関係する筋肉

姿勢美人になろう!姿勢に関係する筋肉

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)です。

姿勢美人になろう!姿勢に関係する筋肉

皆さん自分の姿勢に自信はありますか?

多くのモデルや芸能人などスタイルの良い人を見ていて思う事があります。

それは、皆さんとても「姿勢が良い」という事です。

ボディラインなど身体そのものもそうですがその所作、立ち振る舞いが美しい場合が多いです。

あれが天性のものなのか、それとも後天的に身につけたものなのかはわかりません。

ですが全身の筋肉がバランス良く付いていて素晴らしいといつも思います。

そんなモデルの様な姿勢を手に入れる為に、本日は豊田市のパーソナルトレーニングジムが姿勢に関係する筋肉をご紹介します。

姿勢は何で決まるのか?

姿勢、立ち姿というのは実は筋肉のつき方だけでは決まりません。

骨格や普段の重心の位置、カバンを片一方の肩でしか持たないなど生活習慣によっても大きく左右されます。

つまり骨格などの先天的な要素と筋肉の付き方や生活習慣など後天的な要素が複雑に絡み合って姿勢というものは決まります。

そもそも「美しい姿勢」とは?

皆さんが思う「美しい姿勢」とはなんでしょうか?

美意識の問題もあるので全員がそうであるとは言いませんが、ピンと張った背筋・スラッとした脚・軽やかな足取りこの辺が所謂姿勢の良い方のポイントとではないでしょうか?

ところどころに身体の部位の名前が出てきていますね、そうです今出てきた部位が良い姿勢を作るのに欠かせない筋肉です。

順に見ていきましょう

1.背中(広背筋)

まずは背中(広背筋)です。

筋肉は動かさない状態でも一定の緊張を保っています。それ故前後に筋肉量のバランスが偏っていればその方向に体の部位が引っ張られてしまいます。

この背中と対になる胸に筋肉量のバランスが悪く、肩の位置が前に寄ってしまっていて姿勢が悪くなっている方が多いです。

背中は身体の後ろ側にあり、目視や触れることができない為に意識して鍛えるのが難しいです。

普段からしっかり鍛えていることが重要です。

2.モモ裏、お尻(ハムストリングス、大臀筋)

次にモモ裏、お尻です。

モデルさんの歩き方は「モデルウォーク」と言われ、通常の歩き方とは違います。

その違いは使っている筋肉の違いです。

皆さんの殆どの方は普通に歩くとき足の前側(大腿四頭筋)を使って歩いています。

先ほど背中の章でも説明した通り身体の前側にあって目視、触れることが出来るので意識しやすく無意識で足の前側を使ってしまっています。

足の前側を普段から使っていると前の筋肉が張ってしまい、足も太く見えてしまいます。

そこでモモ裏、お尻を使って歩くと足の付け根から大きな動作で足を動かすことが出来て足取りが軽やかに見えます。

こちらも普段の意識からもそうですが、定期的に鍛えていく事が重要です。

姿勢に関係する筋肉についてまとめてみました

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んでいて気づいた方もいると思いますが、姿勢に関係する筋肉は「身体の後ろ側の筋肉」です。

見栄えがいいから、意識しやすいからと身体の前面側ばかり鍛えるのではなく、背面側の筋肉もしっかり鍛えましょう

本日は姿勢に関係する筋肉についてご紹介させていただきました。

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)がお送りしました。

最後までご覧いただき有難うございました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!


 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
豊田市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事