BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. 足を細くするための骨盤の動きに関わる筋肉【前傾編】

足を細くするための骨盤の動きに関わる筋肉【前傾編】

皆さま、こんにちは!

CALORIE TRADE TOYOTAの祖父江(そぶえ)です。

足を細くするための骨盤の動きに関わる筋肉【前傾編】

最近本当に暑いですね

本日は少しマニアックなお話をしようと思います。

それは骨盤に関わる筋肉のお話です。

骨盤周りでお悩みを持つお客様は非常に多いです。

中でも多いのが骨盤のズレです。

ズレには左右のズレと前後のズレがありますが

今回は前後のズレに関してお話ししていきます。

理由としては最近反り腰についてご質問がありました。

ぱっと見では反り腰には該当しなかったですが

反り腰ほどではないにせよ骨盤が前傾傾向、もしくは後傾にある状態にある可能性はあります。

というわけで自分自身の復習も兼ねて

骨盤の前傾・後傾に関わる筋肉をみなさんにご紹介していこうと思います。

ただ、少し話が長くなってしまうので本日は前傾に関わる筋肉に絞ってお話しを進めていこうと思います。

骨盤の前傾は足を太くする?

骨盤の前傾は足を太く見せます。

理由として足の付け根の骨である

「大転子」が前に張り出してしまうからです。

脚は骨格で見ると一直線ではなく

骨盤に対して鍵カッコ状に接続されています。

実際の足の太さは筋肉や体脂肪量で決まりますが

客観的視点からのシルエットは骨格で決まります。

実際の足のサイズはそこまで大きくなくても

このシルエットによって自分の足が太いと誤認してしまいます。

そしてその骨格のつき方は筋肉の柔軟性に大きく関わっています。

骨盤の前傾に関わる筋肉:大腿直筋,大腿筋膜張筋、中臀筋、小臀筋

そもそも骨盤が前傾するということはどういう理屈で発生するのでしょうか?

それは筋肉の緊張によって骨盤が前方に引っ張られることによっておきます。

筋肉にも使用頻度や動きの癖によってそれぞれ柔軟性があり

その硬さによって骨格のポジションも決まってきます。

つまり骨盤に付着している筋肉で前方にある筋肉が固くなると骨盤がその筋肉に前方方向に引っ張られて

骨盤が前傾します。

骨盤が前傾すると大転子が前に張り出し

足が太く見えてしまいます。

そしてその要件に該当する筋肉が

大腿直筋,大腿筋膜張筋,中臀筋,小臀筋

になります。

太腿の前と横、お尻の横といえばわかりやすいと思います。

どういった原因で固くなるの?

多くは運動です。

運動により過使用を繰り返すと

疲労が抜けずその部分が固くなります。

例えばランニングや中腰を主なポジションとするようなスポーツがそれに当たります。

これを防止するためにはストレッチもしくは筋膜リリースが有効になります。

具体的なストレッチやリリース方法はまた別の機会にいたしますが

理論上はこの筋肉が張っていることが原因で足が太く見えるのであれば

この筋肉を緩めてあげることによってハリが取れてすっきりとしたシルエットになるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

理論としてはこのような感じになります。

もちろん場合によって原因は違うのでこれが全ての原因というわけではありません。

人間の身体は

骨・筋肉・体脂肪・水分

で構成されています。

一般的なトレーナーさんはこのうち筋肉と体脂肪に着目してアプローチすると思いますが

僕はなるべく全ての要素にアプローチできるように日々勉強しています。

ですが、まだまだ勉強が足りないので日々勉強を頑張っていきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。

最後までご覧いただきありがとうございます。

CALORIE TRADE TOYOTA祖父江がお送りいたしました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!


 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
豊田市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談くださいきっとお役に立てるはずです。

関連記事