BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. ダイエット中におやつは食べていいの?太りにくいおすすめをご紹介

ダイエット中におやつは食べていいの?太りにくいおすすめをご紹介

皆さま、こんにちは!

CALORIE TRADE TOYOTAの祖父江(そぶえ)です。

ダイエット中におやつは食べていいの?太りにくいおすすめをご紹介

「ダイエットしてるから」「食べたら努力が水の泡になるから」と思い、ダイエット中は全くおやつを食べない!と心を決めている人も多いと思います。

確かに、食事制限を徹底することはダイエットには欠かせませんし、我慢は常につきまとうでしょう。

しかしみなさん知っていましたか?

ダイエット中でもおやつは食べていいということを!

食べ物のポイントをちゃんとおさえていれば、我慢しなくてもいいんです。

今回は、ダイエット中でも食べられるおやつの選び方やおすすめをお伝えしていこうと思います!

太りにくくなるおやつのポイント

我慢しておやつを制限するぐらいなら、思い切って食べましょう。

不安はあると思いますが、ポイントをしっかり抑えれば、罪の意識を感じることなくおやつを楽しむことができます。

①タンパク質と一緒に脂肪・繊維を摂る

タンパク質が不足している現代人は多いと言われているため、間食として補うのも良いです。

そんなタンパク質と一緒に脂肪や食物繊維を摂れば、腹持ちがよいですし、食べすぎを防ぐことができます。

②食べるタイミングは昼食から4時間後、夕食の4時間前にする

お昼を食べて3~4時間後、だいたい15〜16時ごろになると、お腹が減ってくるのは当然のことです。

もし夕食までの時間が8時間以上空いてしまうようなら、途中でおやつを食べておくことで、夕食時の食べすぎを防ぐことができます。

③糖質が少ないものを選ぶ

糖質はダイエットの敵。

食べすぎてしまうと肥満につながってしまいます。

しかしもしどうしても食べたい時は、後ほど詳しくお伝えしますが、糖質の低いゼリーやナッツ類がおすすめです。

④小分けのものを選ぶ

どんなに体にいいものであっても、ダラダラと食べてしまうのはよくありません。

しかし、好きで食べているわけではなく、少しだけと思っていてもついつい食べすぎてしまうこともあるんですよね。

そんな場合は、小分けタイプのものを選ぶようにしましょう。

食べ切ったとしても少量で済みますから、罪悪感も残りません。

⑤摂取カロリーを意識する

ダイエットをするにあたって、大前提としてあるのが「摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする」ということです。

おやつを食べすぎることで、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ってしまっては意味がありません。

おやつの目安は200kcalまでなので、それを踏まえて摂取カロリーが多くならないよう計算しておくようにしましょう。

ダイエット中のおやつのおすすめは?

おやつの選び方のポイントがわかったところで、ここからはいよいよダイエット中におすすめのおやつをご紹介していきます。

ナッツ類

ナッツ類は、ダイエット中に最適なおやつの代表格です。

食物繊維が多く含まれているため、便秘解消に効果的です。

また、噛みごたえもあるため満腹感を感じやすく、食べすぎを防ぐことができます。

チーズ

チーズはタンパク質やカルシウムが豊富なので、ダイエット中にはぴったりのおやつです、

ただし食べすぎると、余分な脂質を摂ってしまうため量には注意してください。

ヨーグルト

こちらもタンパク質やカルシウムが豊富です。

腸内環境を整えてくれるので、便秘解消に効果的です。

バナナやアロエなどいろんな味もありますし、程良い甘味も感じられるため、甘いものを食べたい欲を抑えてくれるでしょう。

寒天ゼリー

寒天ゼリーは、低カロリースイーツとしてダイエッターには人気のおやつです。

糖質が少なく、食物繊維が豊富に含まれているため便秘解消に効果的です。

ビターチョコレート

カカオ70%以上のビターチョコレートであれば、糖分や脂肪も少なめなので、ダイエット中だけど甘いものを食べたい!という時にベスト。

ただし食べすぎるとカロリーオーバーするので注意してください。

また、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートは糖分や脂肪が多いのでダイエット中は避けましょう。

ゆで卵

ゆで卵は、低カロリーでタンパク質やビタミンが多く含まれています。

ただし、食べすぎるとコレステロール値が高くなってしまうので量には要注意。

1日1個までにしておくと良いでしょう。

ダイエット中に避けたいおやつ

ダイエット中に食べてはいけないおやつというのは、逆にダイエット前に気にせず食べていたものかもしれません。

次のようなおやつは避けましょう。

ポテトチップス

原材料であるじゃがいもは、そのほとんどが炭水化物です。

さらに揚げているため脂質もたくさん含まれてしまっているため、ダイエットには絶対NG。

脂肪が蓄積されるだけでなく、肌荒れの原因にもなるので我慢しましょう。

アイスクリーム

暑い日にはついつい欲しくなって食べてしまうアイスクリーム。

寒い日であっても、暖かい中で食べるのは最高ですよね。

しかしアイスクリームは、脂質の一つである乳脂肪が多く含まれています。

たくさん食べてしまうと、脂肪もその分蓄積されてしまうので避けるようにしましょう。

菓子パン

砂糖が振ってあったり、チョコレートや生クリームが入っていたりなど、全体的に糖質や脂質量が多い菓子パンは、ダイエット中のおやつにはおすすめできません。

卵やベーコンが入っているパンなども、糖質が多いマヨネーズやソースがついていることも多いので避けましょう。

カロリーバー

栄養補助食品の摂取は「ダイエット中だし食べても大丈夫だろう」と思いがち。

確かに、プロテインバーなどタンパク質やミネラルを多く含んでいるものはいいのですが、カロリーバーはNGです。

なぜなら、カロリーバーはエネルギー補給を目的として作られたものなので、そのほとんどが400kcal以上となかなかのハイカロリーだからです。

1日3食しっかり摂っているのであれば、カロリーバーは摂る必要はありません。

まとめ

ダイエットとは常に空腹との戦いです。

かといって我慢をしすぎてしまうと、かえってストレスが溜まって暴飲暴食の引き金となってしまう可能性もあります。

理想の身体になれるまでダイエットを長続きさせるためにも、ストレスを溜めないよう、ある程度はおやつも食べて、頑張る自分を労ってあげましょう。

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!


 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
豊田市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談くださいきっとお役に立てるはずです。

関連記事