BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 運動・トレーニング
  4. トレーニングってどの時間帯に行えばいいの?前半

トレーニングってどの時間帯に行えばいいの?前半

おはようございます!

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)です。

トレーニングってどの時間帯に行えばいいの?

皆さんトレーニングってどの時間帯にしていますか?個人のライフスタイルに依存する所が大きいとは思いますが、トレーニングをする時間帯はトレーニングのパフォーマンスに影響するのでとても重要な要素だと思います。

本日は、トレーニングをする時間帯について書いてみたいと思います。

トレーニングをする時間帯:朝〜昼

先ずは、朝です、お仕事前や休日の午前中など朝にトレーニングを習慣にしている人はそこまでいないのかなという印象です。ただ、朝にトレーニングを行うメリットは数多くあり、一度検討してみる価値はあると思います。

では、朝にトレーニングを行うメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

メリット

  • 一日の基礎代謝が増える
  • 男性ホルモンの「テストステロン」が多く分泌される
  • 一日の時間を有意義に使える

以上の3つが主なメリットになります、個別に説明していきます。

一日の基礎代謝が増える

一日の初めに筋力トレーニングをする事によって筋肉を動かすことにより、その後の生活でも身体が活動的になり、一日の基礎代謝が増加します。この基礎代謝が増加すると一日の消費カロリーが増え体脂肪燃焼が促進されます。

男性ホルモンの「テストステロン」が多く分泌される

「テストステロン」とは男性ホルモンの一種で、身体が筋肉を合成する際に分泌されるホルモンです、朝の時間帯はそのテストステロンが一番多く分泌される時間帯であり筋肉トレーニングによってさらにテストステロン分泌が促進されます。

また、テストステロンは精神的にも前向きになれる効果があり、活動的な精神状態になることが出来ます。

一日の時間が有意義に使える

これは少し個人的な感想になるかもしれませんが、午前中にトレーニングを終わらしてしまう事により、午後の時間を多く使えるようになると思います。

デメリット

  • 朝、起きるのが辛い
  • 筋力が発揮しにくい

以上が主なデメリットになります。これも個別に説明していきます。

朝起きるのが辛い

単純に、普段起きている時間より数時間前に起きてトレーニングを行うというのは少しハードルが高いと思います。最初は週一回など低頻度から初めて徐々に慣らして習慣にするのがいいと思います。

筋力が発揮しにくい

人間には「交感神経」と「副交感神経」という二つの状態があります、大雑把に言ってしまうと、交感神経は神経が起きている状態であり副交感神経は神経が寝ている状態です。睡眠から起きた状態というのは上記の副交感神経というのが優位な状態であり、神経が寝ているため筋力が出にくい状態となります。

いきなり強度の高い運動から始めるのではなく、軽い重量でのウォーミングアップをしっかりと行って本格的なトレーニングに入っていくのがいいと思います。

 

まとめ 

いかがだったでしょうか?

本日は午前中にトレーニングするメリット・デメリットをご紹介しました。最初にも書いた様にどの時間帯にトレーニングを行うかは個人のライフスタイルに依存すると思うので、どれが正解というのはありませんがどの時間帯にもメリット・デメリットがありそれを認識しながらトレーニングすると結果も出やすくなると思い、この記事を書かせて頂きました

次回の記事では、午後から夜間帯に向けて書こうと思います。

以上、本日は祖父江が「トレーニングをする時間帯に行えばいいのか」についてお送りしました。

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
豊田市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事