BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 食べ物・栄養
  4. 食事の鉄則(昼食編)

食事の鉄則(昼食編)

こんばんは!

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)です。

食事の鉄則(昼食編)

先日は朝食の鉄則について詳しく解説しました。本日は昼食について語らせていただこうかと思います。

⬇︎朝食の記事はコチラをご覧ください。

《岡崎市から通えるパーソナルトレーニングジムが発案する》食事の鉄則(朝食編)

本日は昼食編です。正直、3食の中で一番縛りがないです。(一番縛りが強いのが朝食)

昼食は1日の中間に取る食事です。ある程度活動した後で摂る食事であり、またその後も活動がある前提での食事となります。それだは本日もみよし市から通えるパーソナルトレーニングジムが昼食について発案したいと思います。

昼食を食べるメリット

正直言って大きなメリットはそこまでないと思います。活動中のエネルギー補給と考えて頂ければ大丈夫です。ですので、カロリーは朝食より少なめにしてください。かといって昼食を抜くのはNGです、食事回数の減少は代謝の減少にも繋がるので必ず摂取はして下さい。

それを踏まえて以下の項目をご覧ください。

1:タンパク質・炭水化物(糖質)を入れる

ここは朝食と同じくタンパク質と炭水化物をいれてください。その後も活動がある事を考えるとしっかりとエネルギーは補給したほうがいいです。ただタンパク質は20g~30gと朝食より少し多めにして炭水化物を30g~40g、最高でも50gを超えない程度で入れてください。

糖質が身体にある事によって身体が飢餓状態を感じる事を防いでくれるので、必ず糖質は摂取してください。

2:消化吸収はそこまで考慮しなくていい

朝では消化吸収に気を使ってくださいと言いましたが、昼は身体も活動状態に入っていて消化活動も活発になっているのでそこまで考慮せずとも大丈夫です。ただ勿論暴飲暴食はNGです。

3:脂質は控えめに

朝は意識的に脂質を撮りましたが昼にまで脂質を取ってしまうとカロリー過多になってしまう可能性が高くなってしまうので、昼食では脂質はカットでお願いします。0か1、2g程度誤差の範囲内で抑えるようにして下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか、少し短くなってしまいましたが本日は1日の中間に摂る食事である昼食について発案させていただきました。

昼食は朝食のカロリーを超えなければそこまで注意することはないです、職場や家族の皆さんと楽しく食事を楽しんで下さい。本日は昼食についてみよし市から通えるパーソナルトレーニングジムが発案させて頂きました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)がお送りしました。

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
豊田市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事