BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 食べ物・栄養
  4. 食事の鉄則(夕食編)

食事の鉄則(夕食編)

こんばんは!

CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)です。

食事の鉄則(夕食編)

先日は昼食の鉄則について詳しく解説しました。本日ついに3食のうち最後の夕食について語らせていただこうかと思います。

⬇︎昼食の記事はコチラをご覧ください。

《みよし市から通えるパーソナルトレーニングジムが発案する》食事の鉄則(昼食編)

本日はついに最終回!夕食です。

夕食は1日の最後に摂取する食事です。その後に活動は殆どなく就寝に向けての最後の食事となります。その為カロリーは3食の中で一番低めになります。

それを踏まえて以下の項目をご覧ください。

1:消化に悪い物を食べない

まずは消化吸収にいいものをお勧めしています。理由としては人間は寝ている時も胃腸は絶えず消化活動をしていますその間に胃腸に消化吸収の悪いものが残っていると、本来身体を休める就寝時間に胃腸を酷使して十分な休息が取れなくなってしまいます。

消化吸収の悪いものだけでなく、たくさん食べ過ぎるのも就寝時間に胃腸に食べ物が残ってしまい同じく胃腸の負担になります。

2:適量のタンパク質を摂取する

いつかの記事でもお伝えしましたが、人間は絶えず筋肉の破壊と合成を繰り返しています。それは寝ている時も例外ではありません、しかしその場合身体に筋肉の材料であるタンパク質が無いと、筋肉を分解して身体に栄養を準備します。

それを防ぐために就寝前に身体にタンパク質を用意しとくのです、しかしタンパク質量が過剰だと消化吸収の負荷が高くなってしまいますので適量でお願いします。具体的な数字で言えば15gが丁度いいくらいです。

3:糖質はカット若しくは控えめ

夕食後は活動が無いので、身体にエネルギーを入れる必要はないです。ですので、夕食の糖質はカットします。しかし糖質を摂ると寝つきが良くなる体質の人は多少の糖質を入れてもいいです。

4:あたたかいもの

あったかいものを摂ると、体温が上がり副交感神経が優位になり寝つきが良くなります。例えばホットミルク、紅茶、ココアなど飲み物がいいと思います。

先ほどの寝付きを良くするための糖質はここで入れていただくといいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか、本日で食事の鉄則シリーズは終了となります。是非ご紹介したことを参考にしてダイエットを成功させてください。3食の基本原則について刈谷市から通えるパーソナルトレーニングジムが発案させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、CALORIE TRADE JAPAN豊田店の祖父江誠(そぶえ まこと)がお送りしました。

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
豊田市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

豊田市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事